2014年12月21日

遊戯王ARCV感想「共鳴する竜」

割とすぐに共鳴していましたね。
素良くんに至ってはもう救いようがないほどに小物化が進んでしまっていてどうするのって
最初は思ったのですが、GXお万丈目も最初はとつもなく小物だったのに
最終的には非常においしいキャラになったので心配ないと思います。
だって遊戯王だもの!!

素良くん、アカデミアに強制送還されましたが
赤や黄色の服を見て懐かしいと思った方も多いのではないでしょうか。
ハートランドを襲ったモンスターも古代の機械シリーズだったので
GXのアカデミアとどのような関係があるのか非常に楽しみです。

シリーズを通して割と出ている次元という言葉、ユーゴ登場など
相変わらず濃くて面白い話だったのですが
「デュエル戦士」という謎ワードが私の心をとらえて離しません。
posted by カメキ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。